ボッティチェリの《ヴィーナスの誕生》と “ぽっこりお腹” のお話


Sandro Botticelli - PD


「教科書で見るよね」

「サイゼリアにあるやつ!」


 そう。これは誰もが一度は目にしたことのある、あまりに有名なボッティチェリの《ヴィーナスの誕生》。私が絵画好きになったのは、この絵がキッカケだ。2009年に友人とイタリアを訪れた際に、フィレンツェのウフィッツィ美術館で “本物” と出会った。


「うわ〜! すごいっ!」

 目に飛び込んできた瞬間、思わず声を上げた。高さは172センチほどあり、幅は2メートルを超える大作。教科書で見ていた時はたった数センチの世界であったものが、視界をふさぐほどの大きさで現れたのだから驚かずにはいられない。大きさも相まって、ヴィーナスの優美な姿に圧倒される。本物に触れることの素晴らしさをはじめて知った瞬間だった。


 ところで、絵画に描かれる女神(裸婦)は、どれも “ぽっこりお腹” であることにお気づきだろうか? ボッティチェリの《ヴィーナスの誕生》はもちろんのこと、ティツィアーノの《ウルビーノのヴィーナス》もレンブラントの《ダナエ》も、下腹部に脂肪という名の貫禄が……。(※19世紀に入るまで女性の裸を描くことはタブーであったため、それ以前の裸婦の絵は、どれも神話に描かれる女神とされている)


 Tiziano - PD

  

Rembrandt - PD


「もしかして、少しぐらいお腹にお肉が乗っている方が美しいのか?」なんて、自分を慰めてみるものの……。そんなワケないか。我々は女神ではなく、人間だものね。

©︎ 2017 MarikoWriting.com

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル