30数年越しに願いを叶えた、ヴァイオリンのある生活


30数年越しに願いを叶えた、ヴァイオリンのある生活|ライターMの休日

2021年の3月からヴァイオリンを始めました!

パンデミックによる自粛生活が続くなかで「人生でやり残したことはないか?」と考えた時、真っ先に思い浮かんだのがヴァイオリンです。とても難しい楽器なので「10年後にいい感じに弾けていたら嬉しいな」と、それだけを目標に月2回習っています。


祖父と母がヴァイオリンをやっていたなんて!

小学1年生になったばかりの頃、地元の文化センターを訪れると、自分と同じぐらいの歳の子がヴァイオリンを弾いていました。母に「私もやってみたい!」と伝えたのですが習わせてもらえず……。それでも何か習い事をしたかった私は、しばらくして近所のピアノ教室に通うことになります。


大人になってから知ったのですが、実は祖父が上手にヴァイオリンを弾ける人で、母も祖父から教えてもらっていたというのです。「なんで言ってくれなかったの?」と少しばかり母を責めてしまいましたが、ピアノはピアノで習っておいて良かったと思っています。私がヴァイオリンをやりたいと言った時、どうやら母は本気に捉えていなかったようなのです。


そんなこんなで、祖父と母がヴァイオリンをやっていたと知り、かなりのレイトスターターですが「おじいちゃんとお母さんに続け!」と、30数年越しに願いを叶えました。


大人になってから始めるのは難しいと言われるヴァイオリン

30数年越しに願いを叶えた、ヴァイオリンのある生活|ライターMの休日

一応ピアノをやっていたので音楽的素養がゼロではないものの、ヴァイオリンに触れるたびに大人になってから始めることの難しさを実感しています。


上の画像をよーく見てください。肩と顎でヴァイオリンをはさみ、左腕は内側にねじる。弓はただ掴んでいるわけではなく摘むように……。


そうなんです。ヴァイオリンの構えはトリッキー! 分解してみるとかなり複雑な姿勢です。普段の生活でこんな姿勢になることはまずありません。そして、ギターのようにフレット(音程を定めるガイド線)はありませんし、些細なボウイング(弓の動かし方)で音色が変わります。ヴァイオリンは感覚がものを言う楽器。子どもの頃に始めた方がいいと言われる所以です。


“キャンディ”と命名したマイヴァイオリン♪

ヴァイオリン GEWA Ⅱ|ライターMの休日

これが私のヴァイオリン、ドイツ GEWA社の初心者用ヴァイオリン「GEWA Ⅱ」です。

楽器もジャンルも異なりますが、敬愛するサックスプレーヤーのキャンディ・ダルファーから取り、“キャンディ” と名づけました。


思い立ったが吉日! 体験レッスンの帰りに楽器店に立ち寄ってみたら、たまたまヴァイオリニストの方が楽器選びを手伝ってくれるイベントをやっていました。何挺か試奏していただき即購入。初心者用ですが音色に深みがあり、アンティーク調の外観も気に入っています。


私が住んでいるマンションは楽器可ではないため、ミュート(消音器)を使ったとしてもお隣さんが気になってしまい充分には弾けません。本当は毎日弾かないとダメなのですが、週に一度カラオケボックスで練習するのが精一杯です。今、夢は何かと聞かれたら「楽器可の素敵なマンションに住むこと!」と答えるでしょう。


ヴァイオリンは難しいからこそ「まだまだ知らないこと、できないことがたくさんある」と、なんだか謙虚な気持ちにさせてくれます。大人になってから “できないこと” に遭遇する機会はそう多くはありません。そのため、脳にも良い刺激になっていると思います(将来的にはボケ防止になるかも!?)。技術的に頭打ちになっても、そのレベルなりに末長く楽しむつもりです♪


スポンサーリンク